名刺のラミネート加工とは

admin, 20.09.2020 , Category: ビジネス

名刺のラミネート加工についてご存知ですか?紙の名刺に一手間加えるだけで想像以上に多くのメリットがあります。加工する代金はかかりますが、名刺が長持ちするため長期的なコストパフォーマンスも良いです。信頼感と礼節を示す大事なコミュニケーションツールである名刺をアップデートしてみませんか?名刺のラミネート加工という選択肢を知っておきましょう。

ラミネート加工とは、用紙を透明フィルムに挟み込み、熱でコーティングするサービスです。ラミネート加工をすると表面が硬化するので、防水効果と表面保護効果があります。名刺サイズから飲食店のメニュー、屋外掲示物など、大小さまざまな紙の加工に適しています。パウチ加工となるため、通常フチには3ミリ程度内側にエンボスされた筋が残ります。両面を挟み込む「ホットラミネート」が主流ですが、片面に加工する「コールドラミネート」加工ができる業者もありますので、用途に合わせて使い分けましょう。

紙の名刺では、名刺入れに入れているうちに角が丸く潰れてしまったり、湿度でインクがにじんでしまったりというトラブルが起こりやすいです。名刺をラミネート加工することで、インクのにじみや色あせ、紙の耐久性を上げることができますので新しく刷りなおすことなく長期的に保存できます。また簡単にに汚れを拭き取れるので、清潔に管理することができます。さらに、光沢感が出て厚みが増すため高級感漂う仕上がりとなります。

名刺印刷・名刺作成の【名刺21】

Leave a comment